事業のルーツである「木」という限りある資源を大切にしており、1980年から「木」を育む森林の保全・育成に取り組んでいます。また、地球温暖化の防止に向けて、私たちのできる範囲の環境保全やリユース、リデュース、リサイクルなどを着実に進めています。


岐阜の森

川根の森

猪苗代の森

京都北山の森
徳島の森 熊野の森

ナイス小豆島オリーブの森

ナイスグループは、創立60周年記念を記念して香川県小豆郡土庄町にある面積約1.3ヘクタールを取得。約1年をかけて荒廃した農地や山林を整備して約500本のオリーブの木を植樹し「ナイス小豆島オリーブの森」を開園しました。
オリーブの栽培にあたっては、知的障がい者自立支援施設の皆様の就労の場として、農作業の一部をご協力いただき
収穫されたオリーブから精製されたオリーブオイルなどは、全国各地のお客様や取引先様へお送りしていく予定です。


「すてきナイスグループ」では、「鶴見駅東口中央通りに花を飾る会」事務局として、地域ボランティアの方々とともに、東口中央通りに植えられている花の植え替え、水やりなどを行っているほか、本社前の地下道の清掃を週1回行ってきました。 さらに有志により、本社ビルからJR「鶴見」駅東口までの通りの清掃活動を毎朝行っており、こうした活動が評価され、横浜市から道路の清掃や美化運動をボランティアで行っている団体として「ハマロード・サポーター」に認定されました。この通りを「ナイスロード」と名づけ、地域の皆さんに親しまれる通りとなるよう、清掃活動に励んでいます。


全国で展開している木材市場や物流センター、プレカット工場のうち、太陽光パネルの設置に適した屋根を持つ施設において、太陽光発電システムの導入を図っています。
固定資産の有効活用の一環として、再生可能エネルギーによる電力の全量買取制度を利用した発電事業に積極的に取り組んでいきます。
また、太陽光発電システムや蓄電池をはじめとするエコ関連商材についても、建築資材事業、住宅事業とともにラインナップの充実と普及の強化を図ります。
環境に配慮した住宅商品の開発も積極的に行っています。
当社の一戸建て住宅「パワーホーム」は、「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)」最高格付けであるSランク評価認証が取得できるうえ、建築から廃棄にいたるまでに排出するCO2の収支をマイナスにする「LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅」の認定基準についてもクリアすることが可能です。



↑