ご購入者インタビュー

  • 賃貸と比較して、免震構造の頼もしさを実感。

    O様ご家族(3人家族)
    ナイスブライトピアあすと長町
    (仙台市)

    仙台では大きな地震が続きましたが、以前の賃貸マンションとは揺れ方がまったく違い、免震装置の働きを実感しました。賃貸では激しく揺れて不安でしたが、大きく揺れないという安心感は、本当に大きい。睡眠を含めて日常生活が保たれ、ストレスの度合いが全然違います。免震マンションを選んで良かった。信頼して暮らしています。

  • 「わが家は強い」と
    安心している子供たち

    T様ご家族(4人家族)
    ナイスブライトピアあすと長町
    (仙台市)

    免震構造は家族を守ってくれる構造ですね。震度5クラスでもゆったりと水平に揺れるだけで、小物ひとつ動きません。3月まで住んでいた賃貸マンションでは、食器棚など家具類が倒れ、足の踏み場もない状況でした。その後も大きな地震の時は、建物がねじれるように揺れ、本当に恐かった。いま免震マンションに暮らし、安心しきっている子供たちの様子を見ると、免震マンションを選んで良かったと心底思います。

  • 避難所よりも安心だった免震構造のわが家

    O様ご家族(3人家族)
    ナイスパークフィールド小鶴新田
    (仙台市)

    3月11日は職場にいて、激しい揺れに立っていられないほどでした。自宅にいた妻から、「本も食器も落ちなかった。揺れ方も怖くなかった。」と聞き、免震構造への信頼を新たにしました。うちの地域は被害が大きく、避難所も窓や壁に被害があり、わが家の方が安全でしたね。半壊の家も多く、あの揺れで何も被害がなかったことに驚かれます。大地震への対策に、免震は不可欠だと思いました。

  • 宮城県沖地震のトラウマから免震構造が最優先事項

    M様ご家族(3人家族)
    ナイスグランソレイユ太子堂(仙台市)

    わが家では、建物はもちろん、家財もまったく被害はありませんでした。自宅にいた家族も震度6強などとは思いもしなかったほどの、おだやかな揺れ方。大きな地震が続きましたが、わが家がいちばん安心だと信じ、落ち着いて暮らすことができました。一般のマンション住まいの知人は、建物は大丈夫でも家財がめちゃくちゃになった方がほとんど。免震は家族も家財も守ってくれることを痛感しました。

  • 家族の安心が第一。だから免震を選択。

    Y様ご家族(3人家族)
    ヨコハマオールパークス
    (横浜市)

    川崎市内にある主人の職場は激しく揺れ、落ちて壊れたものもあったそうです。近所のお友達からも同様の話を聞くにつけ、「わが家はすごいなぁ」と安心感を感じます。3月11日の本震の時もやわらかに揺れただけ。揺れ自体は穏やかだったので、恐怖は感じませんでした。地震はいつ来るかわかりません。家族の安全が第一ですから、免震構造を選んだことに満足しています。

  • 住まいとともに安心も買った実感。

    M様ご家族(3人家族)
    ヨコハマオールパークス
    (横浜市)

    3月11日の本震の時は、かなり長い間、ゆったりと揺れていたように感じます。リビングで子供を寝かしつけているところでしたが、安心しきって眠ってしまいました。姉の家ではTVが落ちたそうですが、わが家は食器や小物なども大丈夫。親戚や知人が心配して電話をくれて初めて、まわりの被害の大きさを知りました。免震マンションにして良かった。家だけでなく、安心も買ったと思っています。

  • わが家が一番安心だと信じられる

    O様ご家族(4人家族)
    ヨコハマオールパークス
    (横浜市)

    主人は以前から「絶対に免震」と、こだわっていました。私はそれほどでもなかったのですが、今回の震災で免震構造の安全性が身にしみましたね。徒歩5分にある保育園に子供を迎えにいったら、全員外へ避難していて、「早く安全なわが家に連れ帰りたい」と思いました。免震構造のわが家が、いちばん安全。大切な家族の命を必ず守ってくれると信じていますから。

  • 3.11の本震も揺りかごに揺られているような感覚でした

    F様ご家族(3人家族)
    ヨコハマオールパークス
    (横浜市)

    実家がすぐ近所なのですが、壁紙が剥がれるなどの被害があり、同じ地域でも被害がまったく違うことに驚きました。埼玉の姉の家ではものが落ちて壊れたり。そのような話を聞いて初めて、「そんなに大きな地震だったんだ」と怖くなりました。わが家の揺れは、まるで揺りかごのようなゆったりとした感じだったので。免震マンションは家族を守ってくれることを実感しました。

  • 阪神大震災を体験。今回、免震構造の効果を実感。

    H様ご家族(3人家族)
    ヨコハマオールパークス
    (横浜市)

    阪神大震災の時は、震源から離れていたにもかかわらず、食器棚などが倒れる被害があり、大変な思いをしました。それに比べると、今回の揺れはゆったりとしていて、授乳中だった子供は揺れが気持ちよかったのか眠ってしまったほど。あわてずに済んだのも、免震構造だったからだと思います。免震マンションは、子供を守ってくれる場所。本当に心強く思っています。

  • 大切な家族のために免震という備えを。

    T様ご家族(3人家族)
    ヨコハマオールパークス
    (横浜市)

    3月11日の本震の時、外を見たら電信柱が大きく揺れていて、ついに関東大震災が起こったのかと思いました。しかし大きな横揺れは続いたものの、家具がガタガタしたり、ものが落ちるといったこともありませんでした。会社は耐震構造ですが、棚が倒れるなどの被害があり、免震構造のすごさをあらためて実感しました。家に家族が守られてこそ、安心して仕事をし暮らしていけるのだと思います。