ナイス株式会社はおかげさまで70周年

ハマ・サキマガジンはナイスがお届けする地域応援情報メディアです。

野鳥のメジロに遭遇!川崎の小さなオアシス「大島第3公園」

2022.02.06

川崎大島にある「大島第3公園」は、住宅街の中にある公園です。

よくあるご近所の公園?と思いきや、野鳥や草花など、自然が楽しめる街の小さなオアシス!

地元の管理団体によって、キレイに手入れされた公園なだけに地域の人々が集まる憩いの場。

遠出ができず、身近な公園の需要が高まっている今だからこそ、気軽に行ける街の公園でリフレッシュしてきました。

のびのびできる広大な公園

川崎駅からバスを経由して「大島3丁目」下車、徒歩約3分のところにあるのが「大島第3公園」です。

球技やかけっこをして遊ぶ子どもたちが印象的なほど、広大な敷地を有しています。

せっかく広い公園にやってきたので、軽い運動がてら公園内をぐるりと一周してみました!

子ども人気の高い遊具が充実!

公園の奥には、子どもが喜ぶブランコや滑り台、鉄棒などの遊具があり、遊び場が充実しています。

落ち着いた色合いのアスレチック系大型遊具に近づいてみました。

大きさも高さもちょうどよく、全体的に丸いフォルムをしていて、素材が柔らかいので安全面もバッチリ!

遊具の近くにはベンチもあるので、遊び疲れたら休憩もできるのがうれしいポイントですね。

遊具付近にはコンパクトな丸型の砂場もあります。

公園の砂場は最近、安心して砂遊びができるように、石やゴミなどが混ざらないためのネットが被せてあるようです。

小さいお子さんも遊べる砂遊びの場には、こうした小さな工夫も大切なポイント!

砂場の隣には水場もちゃんと完備されています。

手を洗ったり、水分補給をしたり、さまざまな用途に使える水場もなにかと重宝しますよね。

野鳥メジロのお食事シーンをパシャリ

遊具を囲むようにして植えられている木々に目をやると、

なんと野鳥のメジロを発見!

しかも、オレンジの果実を食べている最中です。

お食事のジャマをしないように、音を立てず静かにカメラを取り出し、パシャリと撮影。

あとで調べてみてわかったのですが、メジロは冬〜初春にかけて会える野鳥だそうで、大好物の果物や花の蜜などを求めてやってくるんだとか。

都心で過ごしていると、こんなに間近で野鳥をみる機会もなかなかないので、高揚感でいっぱいに!

最初は1羽だけが止まっていた木々に、別のメジロが飛んできて、2羽が向かい合って会話するように鳴く様子も目撃。

公園にある時計をチラッと確認すると、気付けば30分以上も過ぎていて、時間を忘れて野鳥観察に夢中になっていました!

カラフルなお花が咲く花壇

野鳥のメジロが果実を食べている木々の下には、キレイに手入れされた花壇があります。

色違いのパンジーやビオラが植えられています。

まだまだ寒さが身に染みて、春の訪れが待ち遠しい季節。

厳しい環境の中でも、元気に花を咲かせる植物の姿からはパワーをもらえます。

身近な公園にあるたくさんの発見から、小さな春を感じてワクワクしました!

ご近所で楽しく充実した時間を過ごすのにピッタリな「大島第3公園」は魅力でいっぱいの公園です。

エリア情報

大島第3公園

住所:神奈川県川崎市川崎区大島3-31-1
アクセス:JR京浜東北線・東海道線・南武線 川崎駅東口より臨港バス乗車、「大島3丁目」下車 徒歩約3分


川崎西 川崎東