ナイス株式会社はおかげさまで70周年

ハマ・サキマガジンはナイスがお届けする地域応援情報メディアです。

目指すは赤提灯!尻手駅から5分のレトロな居酒屋「酔舎」

2022.11.06

このお店を知ったのは8年ほど前。
主人が「尻手に気になっているお店があるんだよ」と一緒に行ったのがきっかけ。その名は酔舎(すいしゃ)さんです。

以前は近所に住んでいたのですが、別の地域に引っ越して4年。
この日は、某所で用事を済ませた後で久しぶりに主人と行ってきました。

目指すは赤提灯!

南武線の尻手駅から川崎駅と反対方向に歩くこと約5分。陸橋の少し手前に赤提灯が見えてきます。そこが酔舎さんです。

酔舎さんは、周辺で働くサラリーマンや地元住民の憩いの場所です。
さぁ。入ってみましょう!
奥から「いらっしゃーい!」と元気よく声がかかります。
マスターも店員のみきさんも私たちの顔を覚えていてくださいました!
ご挨拶やお話した後に、店内を見回します。
レトロなポスターが貼られていたり、中にも赤提灯がありますね。

カウンター席だけの店内には、以前はなかったイスや左右の仕切りがありました。

はじめに、お会計はキャッシュオンデリバリーなので、目の前の小さなケースに必要なお金を用意しておいてくださいね。
ドリンクやお料理が来た時にその場でお会計してもらえます。

次にメニューを見ていきましょう。
テレビの上のほうにはドリンク。テレビの横に食べ物のメニューがあります。
おすすめの料理はホワイトボードに書いてありますよ。

次に、ドリンクを注文しましょう。
日本酒、バイスサワー、グレープフルーツサワーなど目移りしますが、ハイボール好きな私はハイボール。主人はビールを注文します。

お料理をいただきます!

豊富なメニューに一瞬目移りしますが、必ず頼むものがあります。
フライドポテトとハッシュドポテトの入ったハーフ&ハーフともつ煮込みです。

これこれ!お酒がすすみます。
この2つは最初に注文してしまいますね。
気がつくと主人はビールを飲み干してホッピーを飲んでいました。

続いて、私が一番気になっていた『今日のおすすめ』、皿レバゴマたれが到着!

すりおろしニンニクが入ったたれをたっぷりつけてほおばると、「サクッ」と「プリッ」と2つの食感が口の中で弾ける楽しい逸品です。
この際、ニンニクのにおいは気にしません!1日の疲れが吹き飛びます。

ネギチャーシューもピリ辛のねぎと炙ったチャーシューが大人味でたまりません!
うずら漬けも飲兵衛の舌が喜ぶ味ですよ。

最後にとり焼き!これ、アツアツでやけどに注意です。
甘辛さがほどよくて、思わず「これ。おいしい!」と叫んでしまった逸品です。

コミュニケーションも生まれる場所

そんな酔舎ですが、1人で来ても、2人で来ても大丈夫ですよ。
連日、20代の方から50代以上の方まで幅広い年齢層のお客さんが楽しんでいます。

テレビを観ながらお酒やお料理を楽しみつつ、マスターやみきさん。他のお客さんと話がゆるく弾むこともあります。
そこに酔舎の良さがあり、私をはじめ他のお客さんも吸い寄せられるのではないでしょうか。

昼は曜日限定でラーメンもいただけます。鶏鰹そば800円です。
今月は水曜日・土曜日・日曜日です。

尻手駅に来たら酔舎。よろしければ足を運んでみてくださいね。

エリア情報

酔舎

住所:神奈川県横浜市鶴見区矢向2-13-14 MYビル1F
交通:南武線「尻手」駅から徒歩5分
連絡先:非公開
営業時間:ラーメン営業11:30〜14:00
夜17:00〜23:00(LO22:30)
定休日:日曜日
ブログ:http://wgn40club.blog100.fc2.com
(今日のおすすめメニュー等のお店の臨時情報はマスターのブログを確認してください)


鶴見西 鶴見東