ナイス株式会社はおかげさまで70周年

ハマ・サキマガジンはナイスがお届けする地域応援情報メディアです。

個人利用もOK!川崎のスポーツ施設「カルッツかわさき」

2022.10.27

年々運動不足を感じていても、機会がないとなかなか運動できないものです。

そんな時、住む家の近くに、経済的で設備が整った施設があったらうれしいですよね。

川崎区にはそんな悩みを解消してくれる「カルッツかわさき」があります。

地下1階地上4階建ての「カルッツかわさき」は、スポーツと文化の複合施設です。

同敷地にあり、老朽化によって惜しくも閉館した川崎市体育館と教育文化会館大ホールの機能を引き継ぎ、老若男女どなたでも使いやすい設計で2017年に誕生しました。

スポーツとカルチャー、さまざまなイベントを楽しめる川崎の新名所。

多目的に使用できる市民の交流の場をご紹介します。

快適で使いやすい施設!

駅から徒歩約15分圏内というアクセスのしやすい「カルッツかわさき」。

施設内は、2,013席という川崎市内最大規模の客席数を誇るホールが収容された文化施設と、1,544席もの観覧席をもつ大体育室などのスポーツ施設、二つをつなぐ共用施設から構成されます。

文化を目的としたホールエリアは、イベントや講演会などさまざまな目的で使用される大きなホールをはじめ、アクトスタジオや音楽練習室、演者の楽屋があります。

スポーツエリアは、規模が異なる体育室や武道室、研修室、弓道場、クラブハウスなど、スポーツによって使い分けできるよう工夫をこらした設計です。

建物の中心部につくられた、スポーツと文化エリアをつなぐ共用施設エリアには、大会議室、中会議室、小会議室(和室)をメインに受付とプレイルームがあります。

白を貴重とした建物は清潔感があり、単純明快なつくりになっているので、初心者でも気軽に利用しやすいと感じます。

カルッツとは?

「カルッツ」という名前は市内にある高校附属中学校に通う川崎区在住の中学一年生の生徒によって名付けられました。

カルチャーとスポーツを掛け合わせた造語「カルーツ」を、より心が弾む軽やかな響きへと手を加えたのが「カルッツ」だそうです。

市が公募した928点の中から選ばれ、最終決定されました。

市民の意見を積極的に取り入れて、新たな施設を地域みんなで作り上げています。

近所に住む私が特に利用していて、おすすめなのがトレーニング室です。

フィットネストレーニング専用の施設で、健康器具や各種のトレーニングマシーンがそろいます。

トレーニング室の利用料金は18歳以上の大人が300円、17歳以下中学生以上の小人が150円です。

一回の利用ごとに料金を支払うシステムなので、試してみやすいのがポイント。

利用料金がリーズナブルで専門ジムに通うよりもお得な場合も。

予約が不要で気軽に利用できるのが魅力的です。

しかし、先着順で同時使用人数が決まっているので注意が必要。

公式サイトにて利用状況の情報が更新されているので、確認してから利用するのが安心です。

子連れでも安心!プレイルームあり!

小さなお子さんがいて、運動やイベントに参加することを諦めている親御さんも大丈夫!

共同施設エリアには、無料で使用できるプレイルームがあるため、幼児と一緒に遊んだり、授乳やオムツ替えに困りませんよ。

スポーツの秋といわれる季節。

気持ちよく利用できる工夫が満載の施設に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

エリア情報

カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)

住所:神奈川県川崎市川崎区富士見1–1–4
アクセス:JR京浜東北線・東海道線・南武線 川崎駅または京急 京急川崎駅より徒歩約15分
TEL:044-222-5211
営業時間:9:00~21:30
休館日:偶数月の第4月曜日(祝日の場合は翌日以降の平日)
※都合により、営業時間が記載と異なる場合がございます。


川崎西 川崎東