年輪のように、地層のように
時を刻む意匠を。

人は、自然の大樹や石がもつ存在感や時に育まれた深みに、豊かさや安心感を抱きます。
そこにあるのは、時間を超越して訴えかける美しさ。心を原初のやすらぎへと導く人類共通の「原風景」。
人が最も長い時間を過ごす住まいにも、こうした自然がもつ根源的な美しさや深みを求めたい。
それこそが、「レイヤードブラウン様式」という新しい様式へと至る、私たちの出発点でした。

時を超える空間を

家というのは、人生という永く大きなストーリーを包み込む存在。そこに人が住み、歳月を重ねていくごとにむしろ美しさや重厚さを高めていくようなそんな時を超える空間を実現したいと私たちは考えました。

詳しく

先人の建築に学ぶ

愛され育みずっと「残されていく」建築であるために、いまも多くの人々にいまなお人々の心を惹きつけ、憧れを呼び起こす日本近代の黎明期に建てられた建築に学びました。

詳しく

豊かさの積み重ね
麗しのブラウン層

地層のように積み重なるブラウンタイルのレイヤーは、光と影の造形を生み、奥深さと時間の流れを感じさせてくれます。時間を超えて愛される表情豊かな外観「レイヤードブラウンスタイル」。

詳しく