分譲マンション

ナイスの品質管理システム「プリズム」 

ナイスの品質管理システム | プリズム

ステップ1 設計審査 素適な住まいづくりを基本理念に、あらゆる観点から設計を検討。
ナイスの品質管理システム「プリズム」

ナイスは、1996年から他のマンションデベロッパーに先駆けて、すべてのマンションに均一な居住品質の確保を実現させるために、仕様規定から性能規定への転換を図りました。これは防音性能やスラブの厚さなど、カタログ表示の期待される性能値で採用するのではなく、実際に騒音測定や床衝撃音の遮断性能計算を行い、その結果に基づいて仕様を決定するというもの。
当時ここまで行っていたマンションデベロッパーは少なく、早い時期から品質に対してのこだわりを持っていたナイスならではのことといえるでしょう。また2001年には、首都圏のマンションデベロッパーとしては初となる『ISO 9001』(商品企画部門)の認証を取得。そのルールに則り、配棟決定時、間取り決定時、図面完成時の3段階で審査会を実施。設計面においても、つねに品質精度の向上を図ってきました。
このようにナイスでは、建物の快適性と安全性をなによりも最優先して計画を立案しています。

ガーデンティアラ武蔵小杉

↑