分譲マンション

ナイスの品質管理システム「プリズム」 

ナイスの品質管理システム | プリズム

ステップ5 上棟検査 構造体の仕上がりを、厳密にチェック。
完成前に、多くの視点から厳重にチェックします。

躯体が上棟した段階で、その仕上がりやパンフレット及び設計図との整合性などをチェックするのが上棟検査です。施工途中で図らずも生じてしまった不具合なども、この段階でならすみやかに修正可能。重要なこの検査には、ナイスと設計事務所、建設会社のほかに、管理会社(ナイスコミュニティー)も立ち会い、多くの視点から厳格に行われます。
またこの段階で、ご購入者様向けの上棟見学会も実施。ナイスでは、1999年に竣工した「ナイスアーバン田端与楽寺坂」より、他社に先駆けてこの上棟見学会を実施してまいりました。現在では他社も低層階や共用部分など場所を限定した見学会を行っていますが、ナイスではいったん工事を中断させて、ご購入いただいた住戸内の見学が可能です。
完成後には見ることのできない部分まで、しっかりとご確認いただけます。全フロア検査システムやナイスビューシステム、ナイスロイヤルカスタマーWEB SITEシステムなどに加えて、ナイスならではの信頼性の高さが実感いただけるはずです。

免震ピット検査風景
屋根工事検査時の外部機関内容

↑